SRGタカミヤ×アグリ

SRG Takamiya meets Agribusiness

建設だけでなく、
農業にも新しい風を。

VISION

日本の農業を、生産者とともに
支えていくために。

SRGタカミヤの
農業への想い

TPP(環太平洋パートナーシップ)協定の発効を間近に控え、日本の農業は今後さらなる改革を求められます。生産者の経営体質の強化を図るためにも、各種資材のコスト低減ニーズはますます高まるのではないでしょうか。特に栽培環境をコントロールでき、安心して利用できる丈夫な農業用ハウスは、作物の安定供給を考えるうえでも重要です。

私たちSRGタカミヤは、これまでになかった農業用ハウスなどの製品および周辺サービスを提供することで、農業生産法人から新規参入企業、個々の農家まで、すべての生産者が抱える生産コストや経営面での不安などさまざまな問題の低減に努めていきたいと考えています。そうすることで農業に対するアプローチの多様化を促進し、日本の農業を強くする環境づくりに役立てるものと確信しています。

WHY?

仮設機材で蓄積したノウハウを、
農業用ハウスに。

なぜSRGタカミヤが
アグリに取り組むのか?

SRGタカミヤは、これまで建設用仮設機材の製品開発に取り組んできた経験の中で蓄積された金属加工技術を有しています。この技術は多様な事業で応用できるものであり、これまでも太陽光パネル設置架台や木造住宅用制振装置などに応用してきた実績があります。今回、その中でもアグリ事業への取り組みを開始したのは、TPP等日本の農業を取り巻く状況の変化に加え、数年前の建設業界同様、しばらく大きな変革が起こっていなかったことも大きな要因です。新規参入企業であり、建設業界でも変革に取り組んできた私たちだからこそ、新しい風が起こせるのではないかと考えています。先述の製品開発力はもちろん仕入れや生産コストを考慮した商品供給体制も仮設機材のそれを活用することができるため、壁を破り、突破口を開いたときには、日本の農業に大きなインパクトを与える変革を起こすことも不可能ではないと信じています。

MERIT

SRGタカミヤ製品ならではの
3つのメリット。

SRGタカミヤがご提供する農業用ハウスの大きな特長は、「低コスト」かつ「丈夫」であること。
また、農業用ハウスの施工ノウハウを有する工事会社ネットワークを構築することによって、
施工コストも含めた建設トータルコストの低減を実現することができます。

低コスト

仮設機材の開発で培った構造計算ノウハウと独自の金属加工技術によって、必要十分となる強度を保ちながら、コストの削減を図っています。保有する試験設備を活用した強度試験、荷重試験、引張試験なども実施することで、低コストでも安全・安心してご利用いただける製品のご提供に尽力しています。

高耐候性

風害や雪害など各種気象災害に応じた構造計算、品質試験も実施しています。各種法令等で定められた基準に達していれば良しとするのではなく、実際の使用環境を考慮して製品を開発。気象災害発生時の被害を最小限にとどめることで、栽培の継続および安定供給をサポートします。

施工スピード

SRGタカミヤ工事部では、建設用足場施工ノウハウを有する全国40社以上の工事会社ネットワークを有しており、それら工事会社様に農業用ハウスの施工技術の習得を促し、施工者を多能工化したネットワークを形成し、全国での迅速な農業用ハウス施工を実現してまいります。万一、気象災害などで農業用ハウスを再建する必要が生じた場合にも、スピーディな施工対応によって、栽培できない期間の最小化に努めます。

PRODUCT

SRGタカミヤのグリーンハウス&栽培棚

グリーンハウス

強風地域向けパイプハウス
積雪地域向けパイプハウス
G-Castle Pro(広間口、高軒高、高耐候性タイプ)
G-Castle Neo(スタンダードタイプ)

栽培棚

多段式水耕栽培棚

栽培棚

栽培ポット

着実に実績を拡大。
今後さらなる成長へ。

2014年10月にスタートした農業用ハウスの販売・施工事業ですが、2016年10月現在、
農業生産法人様をはじめさまざまな生産者の皆様より引き合いをいただき、着実に実績を築きつつあります。
引き続き「次世代農業EXPO」等各種展示会への出展を重ねるとともに、代理店販売制度の構築、
さらなるコストダウンの取組、理想的な栽培環境を実現できるハウスの開発などに取り組んでいきますので、
「SRGタカミヤのアグリ事業」に、今後ともご期待いただければ幸いです。