SRG Takamiya

良い足場には、人が集まる。『Iqシステム』で現場を次世代へ。

「安全」で「作業しやすい」足場を
業界の当たり前にするために。

実耐用年数が長期にわたる鋼製足場は、これまでモデルチェンジされる機会がほとんどありませんでした。しかし、足場が導入され始めた当時の日本人の平均身長約160cmに合わせた「階高1700mm」も、現在の平均身長170cmにはそぐわないものに。 作業者への負担を軽減し、建設業界の安全性を向上させるためにも、『Iqシステム』の普及に尽力し続けています。

Iqシステムは、安全性を担保する
様々な法令基準に準拠・対応しています。

  • 厚生労働省「手すり先行工法に関するガイドライン」による手すり先行工法:手すり先行専用足場方式
  • (社)仮設工業会「くさび緊結式足場の組立て及び使用に関する技術基準」
  • 改正労働安全衛生規則
  • (社)仮設工業会承認品

お客様の声

3つの革新性

動画で見るIqシステム

  • 従来足場より広い作業空間

    階高1900mm

  • 足元を気にせず安全に作業

    支柱間隔1107mm

  • 隙間と段差の悩みを解消

    隙間・段差なし

実績

累積2,868現場突破!
販売売上も前年比186%超に。

※いずれも2017年3月末時点

普及平米数

(出所:当社データ)

普及平米数も年々加速。
累計では3,650,000㎡以上に。

※100戸程度のマンション(60㎡/戸)の建設・改修工事に必要な足場の平米数は3,000~4,000平米。(当社試算)

(単位:平米) 賃貸資産 販売累計 合計
2015年3月期末 810,000 160,000 970,000
2016年3月期末 1,780,000 540,000 2,320,000
2017年3月期末 2,390,000 1,260,000 3,650,000

導入現場マップ

日本全国に広がる
『Iqシステム』導入実績。

用途別施工実績

橋梁やマンション、トンネルなど、
多様な現場に対応。

  • 橋梁・高速道路・土木
  • 公共施設(学校・病院・福祉施設・駅など)
  • 住宅・マンション
  • 商業施設(オフィス・店舗・ホテルなど)
  • 工場・倉庫・試験場
  • トンネル・ダム・都市型土木
  • プラント・設備
  • イベント・その他
  • 寺社仏閣

現場レポート

[01] 戸田建設株式会社さま東北地方整備局 東北中央自動車道 桑折高架橋下部工工事

県名
福島県
工期
2015年11月~2017年8月(約16ヶ月)
建物面積
橋脚4基 H=21.5m~25.8m

復興支援道路として「相馬福島道路」を事業化し、福島県の沿岸部から内陸部を繋ぐ高速道路を建設中です。下部工の躯体一式工事を受注し、土工事、鉄筋、型枠、足場、コンクリート打設を施工しています。Iqシステムとネクステックのシステム型枠を使用しています。(担当:SRGタカミヤ 工事部 東北)

現場の声

鳶職人の声

単管パイプやクランプをほとんど使わずに組めるので、時間が掛からず効率的に作業が進められる

作業員の声

足場の段差・すき間がなく、歩行しやすく、工具や小物など落とす心配がないので安心して作業ができる

[02] 明和・大木特定建設工事共同企業体さま井吹台西町支援学校新築工事

県名
兵庫県
工期
2015年10月~2017年2月(約16ヶ月)
建物面積
約10,580平方メートル(地上2階/高さ9.95m)

耐震化を図るため垂水区と西区にある養護学校3校が再編し、2017年4月開校をめざした特別支援学校の新築工事をしています。Iqシステム足場を外部足場だけでなく内部足場、安全通路、支保工にも使用しています。(担当:SRGタカミヤ 工事部 西日本)

現場の声

鳶職人の声

内部足場で材料の拾い出しが楽にでき、高さもさまざまなバリエーションを選択できるのがよい

作業員の声

柱特有の補強材がないので歩行しやすく、高さもあるので頭を下げず、腰、背中に負担がからない

現場インタビュー

機能的かつ
整然とした構造が魅力。
「今までで一番いい
足場が組めました」

現場名
東淀川郵便局
現場規模
架設面積2,600平米RC造
工事期間
2015年5月~10月 約6ヶ月

中外商工株式会社
上野真巳 所長

大阪工業大学建築学科卒業後、
マンションデベロッパーを経て、
現場管理関係の会社へ。現在に至る。

今年6月、改修工事が始まった東淀川郵便局。
地上3階、塔屋1階建ての建物周辺にはIqシステムが組まれ、作業が進められていました。
この工事を担う中外商工株式会社は、塗床や防水材のメーカーであり、それらの責任施工をはじめ、外壁補修やマンションの大規模修繕工事も手掛けています。今回は、東淀川郵便局屋上の防水改修工事、外壁の改修工事、塗装を行うに当たり、初めてIqシステムを採用。現場の上野真巳所長はその理由を、「階高1900㎜という高さは大きなメリット。最近、作業員の平均身長が高くなり、従来の階高は歩きにくそうだと思っていたので、試してみることにしました」と話されます。

落下物が減り、
労基の検査もスムーズに

実際に使用した感想を伺うと、「小柄な私でも歩きやすいですね。くさび緊結式足場に見られる方杖もないので、移動も作業も格段にしやすくなりました」。足場板の間に隙間のない構造については、「作業の安全性が確保できるのはもちろん、シールやテープの切れ端などの落下物も減り、現場をきれいに保つことができています」と女性らしい視点でIqシステムを評価されます。
また、部材がコンパクトに梱包されているため、資材置き場の省スペース化を実現できたこと、組み立てが手順化されていることにより作業が速やかに進み、工期を2~3日短縮できたこと、そして、労働基準監督署の検査に通りやすいという点にもメリットを感じておられるとのこと。「くさび緊結式足場を使う場合はやり直すことが多いのですが、今回はすぐに通りました。安全性を考慮したシステムのおかげだと思います」とさまざまな場面でそのよさを実感されています。

開放感を確保し、
お客さまへのストレスを軽減

しかし、何よりよかったことは、「お客さまに喜んでいただけたこと」。通常、この規模の改修工事で使われるくさび緊結式足場は、部材が多いため、窓から見える風景はまさに工事現場。屋内の人たちが「工事現場の中にいる」という感覚からストレスを感じるケースは少なくありません。
一方、Iqシステムは、「職場が工事現場になった」と感じさせない開放的な構造で、工事によるストレスを軽減。お客さまから「きれいな足場を組んでくれてありがとう」と感謝されるという嬉しい出来事もあったそうです。

整然とした美しさも魅力

「建築は美しくなければ意味がない」と考える上野さん。建築現場にも整然とした美しさを求めますが、今回は「Iqシステムのおかげで、今までで一番いい足場を組むことができました」と大満足。「窓の外を見ても圧迫感がなく、足場が建物の一部になったかのよう。支柱がスラーッと一列に整列した様もきれいで、気に入っています」と目を細められます。
機能性を追求した結果生まれた簡潔な構造は、上野所長の美意識を満たした様子。「次の現場でもぜひ、使いたいです」と笑顔で語ってくださいました。

Iqシステムに関することは、お近くの支店へ、何でもお問合せください。